スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

『海の上のピアニスト』

『海の上のピアニスト』(The Legend of 1900)1999


story
時は1900年。多くの移民たちをアメリカに運ぶ豪華客船ヴァージニアン号。
黒人機関士ダニーは、ダンス・ホールのピアノの上に置き去りにされた赤ん坊を見つける。
ダニーはその子を1900(=ナインティーン・ハンドレッド)と名付けた。
ダニーが事故で死んだ後も、一度も船を下りず船底で育った。
彼はある日、船内のダンスホールで音楽に魅了され、ピアノに向かい、ピアニストとしての天才的な才能を開花させた。

staff
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
原作:アレッサンドロ・バリッコ
製作:フランチェスコ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ

cast
1900:ティム・ロス
マックス:プルート・テイラー・ヴィンス
少女:メラニー・ティエリー
ダニー:ビル・ナン

いろんなワンシーンが印象的。それにストーリーも象徴的。
トルナトーレ監督の作品はいつもほんと映像も音楽も懐かしく、切なく、ほんわかである。
主人公のナインティーンハンドレッドは、海の上、船の上で育ち、ピアノの上で置き去りにされ、船のホールでのピアノ演奏に興味を覚え、目覚める。
彼の故郷は海であり、船である。外の世界を夢見て、でも船から下りなかった彼の気持ち。
なんかなんとなくわかるような気もちょっとしました。
ピアノ好きの私には、一目ぼれする彼女を見つめながら弾く旋律。それと、ミスター・ジャズとのピアノ対決のシーン。親友マックスとストッパーを外して、大揺れする船の中をピアノを弾きながら、グアンドピアノが踊るシーンがすごく印象的。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督といえば「ニュー・シネマ・パラダイス」が有名だが、この海の上のピアニストもどちらも古き良き時代の郷愁で彩られている。主人公はあと一歩で届いたかもしれない夢や幸福を自らの意思であきらめる。
選ぶのも人生、でも選ばないのも人生。彼は、そこに自らの運命を悟ったのかも。
いつもながら、エンニオ・モリコーネの音楽には、心酔してしまう。
エンドクレジットの最後の唄もまた悲し・・・。
何度みても切なくジーンとくる映画です。
ティム・ロスの物言わぬ眼差しと迫真のピアノ演奏の演技には脱帽。
人生はドラマだ。
★★★★★★★★★☆

FAVOLITE MOVIE 区切り 17:34 区切り comments(0) 区切り trackbacks(3) 区切り

『スタンド・バイ・ミー』

『スタンド・バイ・ミー』Stand by Me 1986

story
オレゴン州に住む内気なゴーディーは、フットボールで優秀であった兄が少し前に亡くなってから、両親は未だ悲しみに浸っていた。
そんな両親を見て、自分が代わりに本当は死んだ方が良かったんではないかと日々考えていた。
そんな時、汽車の事故で死んだ少年がいると聞き、まだ死体は発見されていないと言う。
そこで、利口でしっかり者のリーダー格のクリスと、喧嘩っ早く軍隊を夢見るテディと、ノロマで、いつも皆のパシリ役にさせられているバーンの4人で線路伝いに死体を捜し、勲章を貰おうと旅に出た。


staff
監督:ロブ・ライナー
脚本:レイノルド・ギデオン&ブルース・A・エヴァンス
原作:スティーヴン・キング
製作:アンドリュー・シェインマン他
音楽・ジャック・ニッチェ

Cast
ゴーディ:ウィル・ウィートン
クリス・リバー・フェニックス
テディ:コリー・フェルドマン
バーン:ジェリー・オコンネル

この映画、実は、多分、10回は観てると思います。
何より主題歌の”stand by me"が最高だし、4人の少年たちのそれぞれのキャラが巧み。
話自体はごく平凡なものだけど、でも何か懐かしい、ほんわかさせられる映画です。
気の弱い主人公ゴーディとガキ大将に見えて実はすごく繊細なクリスの友情がまたいいんです。
ゴーディが亡き兄貴の形見の帽子を取られた後の、二人のケツの蹴りあいの場面とか、クリスがゴーディに内なる心を打ち明け泣くシーンなど最高です。

大人になった今、12歳のあの頃のような友人にめぐり合うことは、不可能だ!
確かに大人になってしまうと守らなければならないものがたくさん増えてしまう。
心の底から許しあえる友人は?ほんとにうそ偽りなくつきあえる友は?

この物語ではずっと先に続く線路を少年たちが歩いていく。
これが人生さ!1時間半もない短い何の変哲もない映画ながら、心に語ってくれる秀作です。
リバー・フェニックスよ!何故に早く逝っちまったんだ。

そうそう、この映画の原作はあのモダンホラーの巨匠スティーヴン・キングだけど、彼の作品は本ではほんとすごいと思うけど、なかなか映画ではそこまでの面白みが出てないものが多いんだよねえ。
その点、このスタンド・バイ・ミーは、シャイニング、デッド・ゾーン、ミザリーなどと並んでよく出来ている映画です。
★★★★★★★★★☆

FAVOLITE MOVIE 区切り 18:14 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

『アラビアのロレンス』

『アラビアのロレンス』Lawrence of Arabia 1962

story
第一次世界大戦中のシナイ半島。
砂漠の民アラブ人は、民族国家の建設と近代化をいち早く達成したトルコに侵略されつつあった。
アラビアの言語や文化に精通したイギリス軍のロレンス少佐は英国の敵ドイツと組むトルコをアラビア半島から駆逐するため、英土両軍が思いもつかない奇襲作戦でトルコの手に落ちたアラブ人の都市を奪還していく。
ロレンスの行動の目的は単にイギリスの権益を守ることではなく、アラブ人に自信を回復させ、さらにはトルコ勢力一掃後のダマスカスを中心にアラブ民族の統一国家を樹立することだった。

staff
監督:デヴィッド・リーン
脚本:T.E.ロレンス&R.ボルト
製作:サム・スピーゲル
原作:T.E.ロレンス
音楽:モーリス・ジャール

Cast
ロレンス:ピーター・オトゥール
アリ:オマー・シャリフ
アウダ:アンソニー・クイン
ファイサル王子:アレック・ギネス


私はリアルタイムではもちろんこの映画は観ていませんが、ほんと超大作であり、映画史上でも屈指の名作のひとつだと思います。
とにかく、とてつもなく長い映画ではあるけれど、その中にいくつもの名場面、名セリフがあって、いろいろと考えさせられ、ほんと人間の生き様というか人生を感じさせられる名作です。

アカデミー賞作品賞、監督賞、撮影賞、美術監督・装置賞、作曲賞、編集賞、録音賞の7部門受賞作。

まず圧倒させる砂漠、砂漠、砂漠。
圧倒的なエーマ曲。
セリフもまたいいんです。

ロレンスの挫折や虚栄心、英雄的な部分をあますところなく描いていてドラマとしてほんとに素晴らしい作品。
3時間46分の長さはハンパじゃないけど、後半に進むにつれ主人公ロレンスの苦悩ぶりがよく描かれています。
広がる砂漠の風景など、絵になるシーンが多く、映像美は秀逸です。

今の世知辛い世の中で、このような雄大かつ壮大な物語ってもう作られないんじゃないでしょうか。
★★★★★★★★★★

FAVOLITE MOVIE 区切り 21:29 区切り comments(0) 区切り trackbacks(6) 区切り

『バグダッド・カフェ』

『バグダッド・カフェ』 (BAGDAD CAFE) 1987

story
ミュンヘン郊外の田舎町、ローゼンハイムから観光旅行にやってきたミュンヒグシュテットナー夫妻は、ディズニーランドからラスヴェガスの道中で夫婦喧嘩になってしまい、夫と別れ車を降りたジャスミンは、重いトランクを提げてあてどもなく歩き出した。
やっとの思いでたどりついた、さびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド“バグダッド・カフェ"で部屋を借りようとするジャスミンに、女主人のブレンダは不機嫌な迷惑そうな表情を隠そうとしない。いつも昼寝ばかりしているバーテン、自分の赤ん坊の面倒も見ずに一日中ピアノばかり弾いているサルJr、ハネッカエリ娘のフィリス達に始終腹を立てているブレンダは、たった今ノロマな亭主サルを追い出したばかりだったのだ。
トラック野郎相手の女刺青師デビー、ハリウッドから流れてきたカウボーイ気取りの画家ルーディ、そしてヒッチハイカーのエリックと、客も奇妙なのばかり……。やがてブレンダは、この薄気味悪い大女ジャスミンを追いだそうと躍起になるが、彼女の怒りが爆発するのは、ブレンダの留守中にジャスミンがモーテルの大掃除をしてしまったこと。しかしその頃から、サルJrとフェリスがいつしか失くしていた包容力を求め、ジャスミンの部屋をしばしば訪ね、また彼女の柔和な人柄と笑顔に魅かれたルーディは、絵のモデルに、とジャスミンを口説き始める。そしてブレンダは、ある朝カフェの客相手に手品を披露し始めたジャスミン目当てに客が“バグダッド・カフェ"にやって来るのに、次第に表情をやわらげてゆくのだった。

staff
監督:パーシー・アドロン
製作:パーシー・アドロン、エレオノーレ・アドロン
脚本:エレオノーレ・アドロン
音楽:ボブ・テルソン

cast
ジャスミン:マリアンネ・ゼーゲブレヒト
ルーディ:ジャック・バランス
ブレンダ:CCH・パウンダー
トラスク校長:ジェームズ・レブホーン

こういう映画をまさに秀作というのだろうと思う。
砂漠のように枯れ果てた人々の心に、潤いを与えてくれる映画。
砂漠色の黄色を基調に描いた映像には夕暮れ時の物憂げさがあるし、バックに流れるジェヴェッタ・スティールの名曲「コーリング・ユー」がひたひたと静かな感動を呼び覚ましてくれます。
究極は「自分の居場所を見つける」という話です。
別に大きな事件が起きるわけでもなく、淡々と物語は進んで行きます。
寂れたカフェと心の乾いた人達をよみがえらせていくのは、事件でもジャスミンの手品でも無く、周りの事情を受け入れることと、自分が出来ることをとりあえずやってみること。
こういう当たり前な結論を様々な人種人々との交流で情緒豊かに語りかけてくる映画。
さりげなく、包み込むような優しい映画です。
疲れてしまった時、時間を見つけてゆっくり観たくなる映画です。まさに今の私にはハマる映画なのかもしれません。
★★★★★★★★★☆

FAVOLITE MOVIE 区切り 19:18 区切り comments(4) 区切り trackbacks(4) 区切り

『パピヨン』

『パピヨン』(papillon) 1973

story
胸に彫られた蝶の刺青があるところから、パピヨンと呼ばれた男が、大勢の囚人と共にフランスの刑務所から、南米仏領ギアナの監獄に送られたのは肌寒い夜明けのことだった。
罪名は殺人だが、本当にやったのは金庫破りにすぎない。国籍剥奪の上、二度と生きては帰れぬ“生き腐れの道"へ追放されるのは納得できなかった。
灼熱の海を渡る船中で、パピヨンはルイ・ドガを知った。フランス中を混乱させた彼の罪状は国防債券偽造。パピヨンは、脱走に必要な金を工面するために、ドガの金を狙う囚人から彼の生命を守ることを約束する。夜蔭に乗じてドガを襲った二人の男をナイフで仕末して、二人の仲は深まった。
ギアナに到着して、サン・ローランの監獄に放り込まれた二人は、獄吏の買収に失敗し、ジャングルの奥の強制労働キャンプに送られる。ワニが棲む沼地での材木切り出し、粗悪なねぐら。囚人たちは次々に死んでいった。数日後、ヘマをして看守に殴られるドガをかばったパピヨンは、銃弾を浴びせられ、川へ飛び込んで逃亡を計る。だが、無計画だったために捕まり、二年間の島送りとなった。

staff
監督:フランクリン・J・シャフナー
製作:フランクリン・J・シャフナー
脚本:ダルトン・トランボ、ロレンツォ・センプル・Jr
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

cast
パピヨン:スティーブ・マックイーン
ドガ:ダスティン・ホフマン
ジュロ:ドン・ゴードン

スティーブ・マックイーン。
好きなアクターでした。
不遇な家庭環境に育ったことも影響しているのだろうか、やはりどこか翳のある、反骨精神旺盛な役者さんでした。そして男の格好よさ、男が惚れる色気を感じさせる人でした。
「荒野の七人」「大脱走」などで人気は決定的となり、「ブリット」「ゲッタウェイ」といったアクションもので不動の地位を築きながら、「華麗なる賭け」や「シンシナティ・キッド」などでは演技派の一面も覗かせる、まさに名実ともに60年〜70年代前半のスーパースターでした。
彼のレース狂は有名で、70年のセブリング12時間耐久レースでは怪我をしてギブスをしながらも旧型のマシンを操り、最新型のフェラーリを操る元F-1王者、マリオ・アンドレッティと激しいバトルを展開。結局はマリオに抜かれて2位になりますが、この大健闘は彼のレーサーとしての才能を世間に認めさせました。
私生活では3度の結婚をしていますが、離婚の原因は全て彼のレースへの情熱によるものらしく、激しいスタントもすべて自分でこなし、レースでも危険を顧みない性格が災いしたようです。
さて、このパピヨン。実は150分もある長編映画です。
でも、私はほんと何度も観ていますが、長いと思ったことはありません。それは何故か。
パピヨンの生き様、執念にすごく惹かれるから。ドガとの関係も面白い。これは、伝記とも言われていますが、本当にマックイーンとホフマンの演技力には脱帽する映画です。
また、音楽もよく、最後のシーンにも心を打たれます。
この映画のテーマは“フリーダム”。一言で言えば脱獄の映画ですが、マックイーンといえばもうひとつ、あの「大脱走」があります。
一体どう違うのか。やっぱり、このパピヨンは、生き様の映画なんです。大脱走は痛快、爽快な脱走劇。
ちなみに1973年といえば、このほかにも「スティング」「ジャッカルの日」「スケアクロウ」「セルピコ」「追憶」など渋い名作当たり年なんです。
それにしてもやっぱり、ラストシーン。大好きです!つい長編ながらも何度も観たくなる不滅の名作です。
★★★★★★★★★★

FAVOLITE MOVIE 区切り 23:42 区切り comments(0) 区切り trackbacks(12) 区切り

『セント・オブ・ウーマン〜夢の香り』

『セント・オブ・ウーマン〜夢の香り〜』(SCENT OF A WOMAN) 1992


story
感謝祭前日の名門校。悪戯を仕掛ける級友を目撃したチャーリーとウィリスは、校長に脅かしと誘惑で犯人の白状を促され、友人を売るか売らないかで悩んでいた。
感謝祭の週末、チャーリーはアルバイトで盲目の元軍人フランクの面倒を見る事になった。
気難しい相手を世話するだけと思っていた彼はニューヨークに連れ出され、選択の余地もないままフランクの"計画”の付き添いをすることに・・・。
友人を庇い、自分の首を絞めてしまう高校生と軍で昇進をフイにしてきた元中佐。
二人は人生の大きな選択肢を目前に、年齢や境遇の差を越えて次第に心を通わせていく・・・。

staff
監督:マーチン・ブレスト
製作:マーチン・ブレスト
脚本:ボー・ゴールドマン
音楽:トーマス・ニューマン

cast
フランク:アル・パチーノ
チャーリー:クリス・オドネル
トラスク校長:ジェームズ・レブホーン
ドナ:ガブリエル・アンウォー
ウィリス:フィリップ・シーモア・ホフマン

ゴッドファーザー、セルピコ、ゴッドファーザーPART供∀気燭舛慮畍紂▲献礇好謄ス、ディック・トレイシー、摩天楼を夢みてと過去7度アカデミー賞にノミネートされ、ことごとく受賞を逃がしてしたアル・パチーノ。
その名優パチーノが悲願のオスカーを手にしたのが、この「セント・オブ・ウーマン〜夢の香り〜」でした。

はっきりいって、最近のアル・パチーノが出る映画はぱっとしないものが多いけれど、初期から中期にかけては秀作・名作に数多く出ていると思う。
その中でも、やはりこのセント・オブ・ウーマンは1、2を競う秀作だと思う。
パチーノ扮するフランクとクリス・オドネル扮するチャーリーの関係が見事に表現されている。
威厳を保ってはいるが、時折、哀愁と孤独を漂わせる盲目の元軍人を見事に演じている。
とにかく瞳が動かない・・・。瞳の虚ろさは「何も見ていない目」。すごい!
作品中に出てくるせりふもすごくいいし!
原題も映画内容をよくあらわしていていいなと思う。
名場面のひとつといわれるタンゴを踊るシーンは圧巻だし、フェラーリを乗り回すシーンもいい。
そして、最後のフランクの演説シーンにはじーんとくる。
人間なんて表面だけでは、何にもわからない。心と心が触れ合って、初めて相手の本当の姿が見えてくる。
年の差や境遇の差なんかまったく関係ない。とにかく感動の作品です。
劇中、「一番悲惨なのは魂を失うことだ。」と言うくだりは、感心しました。

監督のマーチン・ブレストは、ジョー・ブラックをよろしく(1998) 、ミッドナイト・ラン(1988)、ビバリーヒルズ・コップ(1984)などを撮っているウイットに飛んだ秀作を作る監督さんで、本来ならこの作品で監督賞をとっても不思議ではなかったし、個人的には絶対にこれだと思ったし、今でもそう思うんだけど。
ちなみにこの年の監督賞作品は、許されざる者[Unforgiven]、ア・フュー・グッドメン[A Few Good Men]、セント・オブ・ウーマン/夢の香り[Scent Of A Woman]、クライング・ゲーム[The Crying Game]、ハワーズ・エンド[Howards End]とすごい秀作揃いだった。勿論、監督賞はあの人!(笑)
★★★★★★★★★★

FAVOLITE MOVIE 区切り 23:56 区切り comments(5) 区切り trackbacks(42) 区切り

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(ONCE UPON A TIME IN AMERICA) 1984

story
1920年代初頭のニューヨークに住む少年ヌードルスは仲間を率いて貧困街で悪事の数々を働いていた。
ある日その町に越して来たマックスと運命的な出会いをした二人は禁酒法の隙間をぬって荒稼ぎを続け、大人になった頃にはギャング集団として伸し上がっていた。
しかし新たな仕事の計画を立てたマックスの無謀な考えに反発したヌードルスは彼を裏切り、警察にその情報を流したためマックスは殺され、ヌードルスは町を追われるのだった。
しかし30年後になった今、年老いたヌードルスの元に不審な手紙が舞い込んで来るのだった……。

staff
監督:セルジオ・レオーネ
製作:アーノン・ミルチャン
脚本:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ

cast
ヌードルス:ロバート・デ・ニーロ
マックス:ジェームズ・ウッズ
デボラ:エリザベス・マクガバン
デボラ(少女時代):ジェニファー・コネリー
フランキー:ジョー・ペシ

全編220分を超える壮大なドラマ。お尻の痛くなる映画ではあるが、とにかく人間ドラマの中のドラマだと今でも思っている傑作。
映画の時代背景。映画の色。全体を奏でる音楽。そして、キャスト。ほんとこの映画は凄い映画だと思う。
子役と大人の俳優の顔立ちがまたすごくそっくりで、そういうところからも丁寧に作りこまれた作品と言えるのではないか。
男同士の友情と裏切り。まさに男の映画という感じ。
デ・ニーロとジェームズ・ウッズとの絡みが本当にすごく、内面の葛藤がすごく表現されている。
劇中に流れる音楽がまた良くて、心地いい。
セルジオ・レオーネ監督といえば、マカロニ・ウエスタンの巨匠ではあるが、10年以上の構想の末にアメリカ資本で製作した大作で、これが遺作となった。封切り当時は、その長さとわかりづらいという風評で、あまりヒットしなかったらしいが、英国、日本ではかなりの人気となったという。
こういう質の高い人間ドラマこそが賞に相応しいと思うのだが...。
阿片を吸っているデ・ニーロが微笑むラストシーンは今でも心に焼きついている。数々の場面と音楽とともに。
★★★★★★★★★★

FAVOLITE MOVIE 区切り 23:19 区切り comments(2) 区切り trackbacks(12) 区切り

+ 1/1PAGES +