スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

『サクリファイス』近藤史恵

『サクリファイス』近藤史恵


Story
かつて陸上のエースだった白石誓は、その座を捨てロードレースの選手となる。
チームメートには、エースとなる才能を持った伊庭がいる。
伊庭が勝てるよう、アシストするのが、自分の役割だと思っていた。
ところが、出場したレースで、誓は海外チームが日本人選手を引き抜こうとしていることを知る。
また同時期に、誓は、現在のエースである石尾の過去の事故について疑問を抱いていた。

第5回本屋大賞2位なんだそうだ。
ちなみに1位は伊坂の「ゴールデンスランバー」。これはうなずける!!
ってことで、このサクリファイスも期待して読みました。

すいすい読めました。
ツール・ド・フランスっていう自転車レースがある事は知ってましたが、自転車ロードレースってこういう細かい駆け引きがあるんだとは知りませんでした。
各選手が目標としているのは自分のチームから優勝者を出すこと。
チームには優勝を狙う「エース」が存在し、他の選手は「アシスト」と呼ばれ、アシストは自分の優勝は全く気にしない。
途中で力尽きようとも、すべての力を「エース」のために使う。
文字通り、このタイトル「サクリファイス」。頷けます。

主人公の白石誓はチーム・オッジに入って2年目。
エースの石尾豪、一緒に入った伊庭和実、最年長の赤城さんなどと一緒にロードレースに出場している。
白石は高校時代まで有名陸上選手だったが好きだった人が去り、走る目標もないまま、たまたまテレビで見たロードレースに魅せられその世界に入ったのだった。
石尾から伊庭と共にツール・ド・ジャポンに出場するように告げられた白石。
さらに大会中に、スペインチームの選手から「監督が若手日本人選手を探している」という話を聞いた。
南信州でステージ優勝してしまった白石、その矢先に先輩・篠崎から「ステージ優勝はいいが、総合優勝は狙うな」と釘を刺される。
3年前、エース格にのし上がろうとしていた若手・袴田が、石尾とクラッシュを起こして半身不随になる事故があり、篠崎はそれを石尾が嫉妬で潰したと言うのだ・・・。

常に死がまとわりつくロードレースの過酷さ。
エースを優勝させる為に自分を「犠牲」にするアシスト。
レースの中でのそれぞれの思惑や展開、駆け引きなど、グイグイと引きこまれました。
悲しい事故が起こり原因を追究しようとする白石。
石尾のロードレースに対する熱い気持ちに呆然となります。

もともと、個人競技よりもチーム競技が好きなオレには結構このロードレースってのいい感じです!

BOOK 区切り 18:23 区切り comments(12) 区切り trackbacks(119) 区切り

『ジバク』

『ジバク』山田宗樹

Story
夜景に甘い感傷を覚えながら家賃35万のマンションにタクシーで帰宅する42歳のファンドマネージャー麻生貴志。年収2000万円になってキャリアの仕上げに結婚した美貌の妻はセレブの信徒、夕食にフォアグラを出す。
しかし、転落のきっかけは同窓会だった。18のとき自分を振ったミチルと再会したのだ。
離婚してスナックを経営する彼女は、店の改装が夢だと言う。貴志は夢を叶えてやろうと思う。勝ち組の今の自分の力を誇示したいがために....。

山田宗樹といえば、世間的には「嫌われ松子の一生」が有名で、この「ジバク」はその男性版といううたい文句である。

山田宗樹といえば、「嫌われ松子」や「黒い春」「天使の代理人」など運命に翻弄される女性を描くことで定評がある。

淡々と主人公の運命、日常、日々の出来事を連ねる。
細かい心理描写とかではなく、物語がどんどん展開していく面白さ。それが、この人の小説にはある。

いわゆる冒険小説のような錯覚さえ覚えるほど、主人公はいろいろな経験をする。読むほうもいろんな知識を得られる。そういう意味で貴重な作家ではないだろうか。

BOOK 区切り 18:11 区切り comments(0) 区切り trackbacks(13) 区切り

『静かな爆弾』

『静かな爆弾』吉田修一



Story
ある日の夕刻、早川俊平は神宮外苑で「響子」と名乗るひとりの女性に出会った。
彼女の住む世界には音があない。
彼女はまったく耳が聴こえないのだ。
だが、俊平は響子の不思議な存在感に惹かれていく。
その「世の中のすべてのものがこっそりと近づいてくる」ような静けさに触れると、安らぎとおののきが俊平を包んだ。
ふたりはやがて寄り添い、親しむようになった。

前回の「悪人」のときにも書いたけれど、吉田修一というと、女性描写に長けている。
どっちかっていうと感性の人で、ドロドロしたものはあんまりない。
どろくさい人間味みたいなものはあまり書かないという印象。
綺麗すぎて、ちょっとってところも正直あって、前回の「悪人」を読んだときに非常に驚き、同時にファンになってしまったのだけれど.....。

この静かな爆弾は、吉田修一らしいといえば、吉田修一らしい、登場人物は少ないなかで、出てくる人たちの心の動き、発する言葉が非常に巧み。

長編というより、中編に近いあまり長くない物語だけれど、しっかりと心を捉えてはなさない。
タイトルの静かな爆弾というのも、読んでみれば、なるほどとも思う。

最後の終わり方は人によったら、えっ?これで終わり?って思うかもしれない。
それほど、引きずらない。あっさり。

でも、言葉のもろさをきっちり言葉である小説としてうまく語っています。
この人は、やはり文章がうまい。

BOOK 区切り 13:48 区切り comments(1) 区切り trackbacks(4) 区切り

『流星の絆』

『流星の絆』東野圭吾

story
両親を殺され、施設に入れられた3人の兄弟は詐欺師になっていた。
あるとき、詐欺を仕掛けている過程で犯人の手掛かりを得る。
両親殺害の事件の時効が残り1年と迫っている時に両親の仇を討つ機会が巡って来ようとしていた。
兄弟による犯人を暴くための仕掛けが動き始める。
しかし、大きな誤算が生じる。
妹が容疑者の息子に恋をしてしまったのだ。
両親の仇を討とうという気持ちと妹の気持ちを思いやる兄達。そして、真相に辿り着くことになる。

相変わらず、東野圭吾作品は、読みやすく一気に読んでしまえます。
ほんと読みやすさでは5本の指に入るんじゃないでしょうか。

彼の作品、その時代時代で作風が変わってきているけど、どの時代でも読みやすさ、エンターテイメント性、それに身近な感覚ってのは同じ。庶民的なんだよね。

登場人物の魅力も相変わらずだし、最後にホロっとさせる暖かさもやっぱり健在。
次は次はと読みたくなる。

ただ、ほんとある意味かなり高いレベルまでたどり着いてしまっているので、読者が求めるレベルがかなり高くなっているのも事実。
そういう意味では、この作品も最後のほうで、ちょっと丁寧さがなく意外性を追求するあまり、伏線が甘いような気がしました。

ただ、やっぱり女性の気持ちの揺らぎなどの描写はうまいなあ。
妹、静奈の心の動きがよかった。

東野さんには、また実験的な冒険的な小説を期待したいなあ。

BOOK 区切り 12:12 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

『新世界より』

『新世界より 上・下』貴志祐介

story
1,000年後の日本。
神栖66町をはじめとした9つの町にしか人の住まなくなった日本では、人は「呪力」を持ち、子供たちを徹底した管理の下に置いていた。
「和貴園」に通う、十二歳の渡辺早季、青沼瞬、秋月真理亜、朝比奈覚、伊東守の五人は、夏季キャンプで、出てはならない八丁標の外の世界で人生を変える出来事に遭遇する・・・。

貴志祐介さんといえば、ISOLA、黒い家、天使の囀りなど、人間の欲望や狂気を呼び起こす恐怖を描いたホラー作品が有名で、モダンホラーの代表格とみられていますが、その一方で、サバイバルサスペンスの「クリムゾンの迷宮」、青春ミステリー「青の炎」、本格ミステリー「硝子のハンマー」など作風を次々と広げてきている注目の作家でもあります。

とにかく読者をハラハラドキドキさせるツボを心得ている作家で、読んでいてとにかく飽きない。
人間が極限に置かれた時に、どのような心理状態、どのような行動をとるのか・・・。
そういう描写が非常に得意な作家です。

その貴志祐介さんの最新作「新世界より」は、3年半ぶりの長編書き下ろし。
しかもSF。
上下で1000ページを超える超大作になっています。

悪鬼、業魔、バケネズミ、不浄猫、風船犬、ミノシロモドキなどなど、イマジネーションの世界にぐいぐいと引き込ませてくれます。
悪鬼とは何か? 業魔とは何か? 結末は?
人間とはこの世でどんな生き物なのか?と真剣に考えてしまうような深い作品でもあります。
これは、ほんと映画化してもらいたいが、一方で日本映画でチャチな安っぽい映画なら絶対映画化してほしくない。
それほど、グレードの高いSF作品です。

SFが苦手な人でもファンタジーっぽく読んでいけると思います。(決してファンタジーではないですが)

さすが貴志祐介。
はやくも次の作品が待ち遠しいです。

BOOK 区切り 10:45 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

『悪人』

『悪人』吉田修一


あらすじ
保険外交員の女が殺害された。
捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。
加害者と被害者、それぞれの家族たち。
群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。
なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。

420ページの大長編。長編の好きな私にはうってつけの厚さ(笑)
タイトルは「悪人」。ただ、著者が吉田修一。微妙かなって読み始めました。
いやぁ、一気読みでした。
まさか吉田修一がこんな物語を書くとは思いませんでした。
凄い!これは傑作だと思います。最近読んだ中ではピカ一でした。

なにより登場人物の描写が精緻でうまい。
単に犯罪を描くのではなくて、加害者や被害者の周囲の人物にまでしっかりと光を当てて、社会の矛盾や誰もが抱えている心理を描ききっています。

「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。大切な人がおらん人間は、何でもできると思い込む。自分には失うもんがなかっ
ち、それで自分が強うなった気になっとる。失うものがなければ、欲しいものもない。だけんやろ、自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、欲しがったりして一喜一憂する人間を、馬鹿にした目で眺めとる。そうじゃなかとよ。本当はそれじゃ駄目とよ」

ずしりとくるセリフです。
この物語に登場する悪人は一体誰なのか・・・。

ほんと時間があったら読んでみてください。

BOOK 区切り 11:55 区切り comments(0) 区切り trackbacks(4) 区切り

『みなさん、さようなら』

『みなさん、さようなら』久保寺健彦

あらすじ
芙六小学校を卒業したのは全部で107人。
みんな、団地に住んでいた。
小学校の卒業式で起きたある事件をきっかけに、団地から出られなくなってしまった渡会悟。
それを受け入れた悟は団地で友だちを作り、恋をし、働き、団地の中だけで生きていこうとする。
「団地に閉じこもってたら、悟君の友だちは減る一方でしょ。さみしくない、そういうのって?」
月日が経つにつれ一人また一人と同級生は減っていき、最愛の恋人も彼の前を去ろうとしていた。
悟が団地を出られる日はやってくるのだろうか―。

久保寺健彦の小説は先に「ブラックジャック・キッド」という作品を読んでました。私自身、ブラックジャック好きだったので、つい、タイトルに魅せられて買ってしまいました。
中身はちょっと一風変わったおタクな少年の成長物語。

そしてこの久保寺さんのデビュー作というこの「みなさん、さようなら」を読んでみました。
限られた狭い範囲の中で一生懸命生きようとした少年が、孤独と不安につつまれながら成長していく物語。
ブラックジャック・キッドとはある意味対をなすような小説だと言えるんじゃないかな。

ストーリーは全然違うけど、思わず映画の「海の上のピアニスト」を思い出してしまいました。
人は出会いや環境によってほんと左右されるし、人に一生ってほんと不思議なんだなあって感じます。映画も小説もね。

高度成長期にたくさん建てられた団地。今は過疎化と高齢化が進む団地。
また、凶悪犯罪の低年齢化など、今の世相をも扱っているこの小説。

なかなか、変わった感じで、また次も久保寺さんの小説読みたいなと思います。

BOOK 区切り 12:27 区切り comments(3) 区切り trackbacks(1) 区切り

『ゴールデンスランバー』

『ゴールデンスランバー』伊坂 幸太郎


あらすじ
仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。
昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。
訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」
「金田はパレード中に暗殺される」
「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。
と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、青柳に向かって拳銃を構えた

伊坂幸太郎のほんと久々の大作でしょう!
これ、まずマチガイなく映画化されると思うなあ。
個人的には伊坂幸太郎は長編のほうが好きです。
短編のほうがキレがあるっていう人も多いみたいだけど。たしかに短編もうまいよね。
でも伊坂ワールドの、話術の軽快さと巧みさ、パズルのように様々な人物、行動、言葉、小道具などが結びついて、ピったり当てはまる爽快感、登場人物のキャラクターの魅力、それらが存分に味わえるのはやっぱり長編です。
で、このゴールデン・スランバーはほんと久々の超大作。
個人的にはラッシュライフやアヒルと鴨のコインロッカーなどと並んで代表作だと思います。
主人公の周りがまたいい人ばっかなんだよねえ。
それもなんかいい。ハラハラドキドキしながら読んでいて、でもほのぼのとして安心して読んでいける。
いやあ、ほんとまいりました。やっぱり伊坂は凄い!
また次も今から楽しみです。
最後の終わり方もまた秀逸です!ほろっときますよ。

BOOK 区切り 22:47 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

『ホルモー六景』

『ホルモー六景』万城目 学



あらすじ
このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。
四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。
負けたら御存知、其れ「ホルモー」。
このごろ都にはやるもの。
元カレ、合コン、古長持。
祗園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り。
四神見える王城の地に、今宵も干戈の響きあり。
挑むは御存知、是れ「ホルモー」。
負けたら御存知、其れ「ホルモー」。
古今東西入り乱れ、神出鬼没の法螺試合、若者たちは恋謳い、魑魅魍魎は天翔る。
京都の街に咲き誇る、百花繚乱恋模様。
都大路に鳴り渡る、伝説復古の大号令。
変幻自在の第二幕、その名も堂々「ホルモー六景」、ここに推参。

いや〜、あの鴨川ホルモーで鮮烈なデビューを果たした万城目学氏の第三弾は、その鴨川ホルモーの続編というか、鴨川ホルモーに登場した人物の恋が様々に面白おかしく語られています。いわばホルモー外伝ですね。
伊坂幸太郎氏がこういう登場人物を別の物語で登場させることを得意としていますが、万城目氏もこれからそういう感じのものを書いていくのでしょうか。
いつもながらに読みやすく、何かバカバカしいのに、クスクス笑ってしまい、何かなつかしい。
関西人の乗りとでもいおうか、おとぼけの京都人の気質といおうか、独特の雰囲気を持つ小説を書く人です。
これからも、目が離せません。
ちなみに、イラストは今回も石居麻耶さん。なかなかいいよね。
個人的に好きなのは「鴨川(小)ホルモー」「ローマ風の休日」と「長持の恋」かな。

BOOK 区切り 17:10 区切り comments(0) 区切り trackbacks(2) 区切り

『ビター・ブラッド』

『ビター・ブラッド』雫井 脩介

あらすじ
「人に裏切られた経験を持つやつは、人に過剰な警戒心を抱く。刑事ってのは、そんな人間ばっかだ。お前も親父に裏切られたと思ってるなら、すんなり帳場に溶け込めるんじゃないか」 ベテラン刑事の親父に反発しながらも、同じ道を歩む息子の夏輝。夏輝がはじめて現場を踏んで1ヶ月が経った頃、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部が疑う内部犯行説に、曲者揃いの刑事たちは疑心暗鬼に陥るが.....。

いや〜、雫井脩介さんがこんなに一気に売れっ子になっちゃうなんて...。
うれしい半面ってやつだね。
よくあるよね。デビューの頃からずっと応援していてとか、マイナーの頃から目をかけていてとか、そんでもって、ブレイクしちゃうと、ほんと嬉しい半面、少し寂しいというかオレの○○でいてほしかったって感じ。

雫井さんの作品は、「火の粉」が最初で、その後、「虚貌」「栄光一途」「白銀を踏み荒らせ」などを読んで、あの傑作「犯人に告ぐ」でしびれました。
「火の粉」「「虚貌」では、粘着質なサスペンスミステリーというか一種恐ろしい小説に仕上がっていて、この人なかなか奥深いなあって感じました。

その一方で、「栄光一途」や「白銀を踏み荒らせ」ではスポーツにまつわるサスペンスミステリーを書いて、なかなかユーモアを交えて、登場キャラも特異な感じで、面白い小説も書くなあって感じ。

そして、傑作「犯人に告ぐ」では見事にやられました。これはほんと傑作。一気に読んでしまいましたから。

世間では「クローズド・ノート」が注目され、映画化もされましたが、雫井さんの小説はほんとぐいぐい小説の中に引き込まれる感じ。「クローズド・ノート」はその点ちょっと他の作品と毛色が違うけど。

そういえば「犯人に告ぐ」も映画化なんだね。でもトヨエツのイメージじゃないけどなあ・・・。

まあそれはさておき、最新作「ビター・ブラッド」。
面白かったです。やっぱりストーリーテラーですね。ぐいぐいのめりこみます。
親父と息子。同僚。
キャスティング、登場人物がいいです。

ちょっとユーモアたっちで軽快に読めるます。
欲をいえば、終盤もうちょっと盛り上がってほしかったなあ。

これも映画やドラマ化は必至かも・・・。

BOOK 区切り 11:32 区切り comments(0) 区切り trackbacks(4) 区切り

+ 1/2PAGES + >>