<< 『ルイスと未来泥棒』 / main / 『守護神』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

『ボルベール<帰郷>』

『ボルベール<帰郷>』VOLVER 2006


story
失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。
だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしまう。
愛娘を守るため、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母が死んだ」と知らせが入る。
一方、葬儀のため帰郷したライムンダの姉ソーレは、大昔に火事で死んだ姉妹の母の亡霊が、1人暮らしだった叔母をこっそり世話していた、という奇妙な噂を聞く。

staff
監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
製作総指揮:アグスティン・アルモドバル
音楽:アルベルト・イグレシアス

cast
ライムンダ:ペネロペ・クルス
イレネ:カルメン・マウラ
ソーレ:ロラ・ドゥエニャス

ペネロペ・クルスは、ハリウッド映画とかではなく、やっぱりスペイン映画でこれからも頑張っていってほしいとつくずく思いました。
母と娘たち、それを取り巻く女性のそれぞれの思惑と男に翻弄される運命。女性賛歌を得意とするアルモドバル監督らしい映画。
ただ、ちょっとこのストーリー。確かに母と娘たちのそれぞれの境遇や立場、思いに力点が置かれている分、ちょっと関わる男達に対する扱いというかなんかあっさりし過ぎていて、ちょっと感情移入ができないところがありました。
ペネロペのボルベールを唄うシーンは印象的です。
前半はちょっともたつきますが、後半、特に最後のほうは、いろいろと真相が明らかになって、まあなかなかじゃないって感じになります。
彼の映画はいつも色彩豊かで、特にやっぱり暖色の濃いイメージですね。
オール・アバウト・マイ・マザーほどいりくんでなく、ある意味あっさりというか少し物足りなさはあるかもしれないですが、この監督の映画は何故かしら癖になるんですよね。
ちなみにこのDVDのパッケージ、なかなかおしゃれです。
★★★★★★★☆

DVD 区切り 23:16 区切り comments(0) 区切り trackbacks(2) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:16 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://becker.jugem.jp/trackback/139

Trackback

お詫びに最適??  切腹最中!
何かの不始末の時持っていくものに悩みませんか? お茶・菓子折り等、いろいろありますがそんな時には「切腹最中」ちょっと怖いですが「詰め腹を切ってきたつもりでございます」こんな使い道もあるかも・・・・

| 優良画像情報発信ブログ | 2008/01/07 2:22 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2008/01/07 5:45 PM |