<< 『アンフィニッシュド・ライフ』 / main / 『あまりにも 残暑が 厳しいざんしょ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

『首位奪回!』

昨日首位から陥落した我らがタイガース。
しかし、今日からの宿敵ジャイアンツとの最後の3連戦は、何が何でも物にしようぜという気迫が選手に感じられた。
先発の木佐貫、下柳とも持ち味を生かした投球で、6回まで1−1の投手戦。
7回から阪神は必勝パターンのJFK。
そして7回裏。赤星がピッチャー強襲のヒットで1塁にでると、バッターシーツ。
ここで赤星は盗塁に出るが、シーツがうまくバットを合わせ、ライトにヒット。
俊足赤星が本塁を駆け抜け、勝ち越し。
この足技がきいた!
8回には矢野がうまく腕をたたんで、レフトオーバーのタイムリー。檜山の犠牲フライで2点追加。
9回を球児がしめて、見事、1日で首位奪回!
勝因は、下柳を含める投手陣の好投と、赤星の足技。それに矢野の追加点が効いたね。

さあ、明日も全員野球で頑張ろう!
鳥谷、ハマちゃんの2人の奮起を期待!!

2007/09/17(月) セントラル・リーグ公式戦
▼阪 神−巨 人 22回戦 (阪神13勝8敗1分、甲子園、18:01、48560人)
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
巨 人 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
阪 神 0 0 0 1 0 0 1 2 X 4

【投手】
(巨)木佐貫、山口、西村−阿部
(神)下柳、久保田、ウィリアムス、藤川−矢野

【責任投手】
(勝)久保田82試合8勝3敗
(S)藤川65試合5勝3敗42S
(敗)木佐貫24試合12勝8敗

【本塁打】
(巨)谷10号ソロ(6回、下柳)
(神)

【戦評】
 阪神が首位に返り咲いた。同点の七回二死一塁からシーツの右翼線二塁打で勝ち越し。八回は矢野の適時二塁打、代打桧山の犠飛で2点を加えた。藤川は42セーブ目。巨人は3連勝でストップ。打線が湿り、木佐貫を援護できなかった。

TIGERS 区切り 22:28 区切り comments(0) 区切り trackbacks(2) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 22:28 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://becker.jugem.jp/trackback/74

Trackback

住まい・暮らし
ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。 私たちは住まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。 お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 尚、管理人様のサイトに不適切な場合は削

| 住まいのことなら!スマイル・サポート♪ | 2007/10/15 3:20 PM |

住まい・暮らし
ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。 私たちは住まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。 お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 尚、管理人様のサイトに不適切な場合は削

| 住まいのことなら!スマイル・サポート♪ | 2007/10/16 3:10 PM |