スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

『第38回高松宮記念(G機法

『第38回高松宮記念(G機坊覯漫


2008年3月30日(日) 1回中京10日
11R 第38回 高松宮記念(GI)
サラ系4歳以上 1200m 芝・左
(国際)(指定) オープン 定量
1 4 ファイングレイン 牡5 57 幸 1:07.1   長浜 4
2 10 キンシャサノキセキ 牡5 57 岩田 1:07.1 クビ 堀 5
3 1 スズカフェニックス 牡6 57 福永 1:07.3 11/4 橋田 1
4 16 ローレルゲレイロ 牡4 57 四位 1:07.4 1/2 昆 2
5 7 スーパーホーネット 牡5 57 藤岡佑 1:07.4 クビ 矢作 3
6 6 キョウワロアリング 牡7 57 飯田 1:07.4 アタマ 飯田 16
7 9 フサイチリシャール 牡5 57 川田将 1:07.5 クビ 松田国 12
8 3 ブラックバースピン 牡5 57 中舘 1:07.7 3/4 手塚 9
9 5 マルカフェニックス 牡4 57 武幸 1:07.7 アタマ 松永昌 6
10 2 プレミアムボックス 牡5 57 吉田隼 1:07.7 ハナ 上原 8
11 8 リミットレスビッド 牡9 57 内田博 1:07.7 クビ 加用 14
12 11 ペールギュント 牡6 57 上村 1:07.9 11/4 橋口 7
13 12 プリサイスマシーン 牡9 57 松岡 1:08.2 13/4 萩原 17
14 14 ナカヤマパラダイス 牡5 57 木幡 1:08.3 1/2 二ノ宮 13
15 17 エムオーウイナー 牡7 57 熊沢 1:08.3 ハナ 服部 11
16 15 トーセンザオー 牡8 57 赤木 1:08.4 クビ 飯田 15
17 18 タマモホットプレイ 牡7 57 渡辺 1:08.4 ハナ 南井 18
18 13 マイネルシーガル 牡4 57 柴山 1:08.4 クビ 国枝 10
払戻金
単勝 4 710円
馬連 4-10 4,610円
馬単 4-10 8,750円
複勝 4 240円
10 300円
1 140円
ワイド 4-10 1,550円
1-4 510円
1-10 770円
3連複 1-4-10 4,960円
3連単 4-10-1 38,840円
枠連 2-5 2,700円

スズカフェニックスにとって発馬のあの大きなつまずきは、致命傷になったね。
落馬かって思ったもん。
まだあれで、外枠なら...ですが、最内であれだけつまずいて、あの位置取りでは.....。
ファイングレインは好発でいい位置取れたね。
もちろん、力つけてたので、馬券も買ってたし、三連複いただきました〜。
キンシャサもうまく乗ったよねえ。でも決め手の差が最後でたね。
ローレルゲレイロはやっぱ1200よりは1400の馬だと思う。
長浜先生おめでとー!幸騎手おめでとー!!


KEIBA 区切り 17:47 区切り comments(0) 区切り trackbacks(3) 区切り

『静かな爆弾』

『静かな爆弾』吉田修一



Story
ある日の夕刻、早川俊平は神宮外苑で「響子」と名乗るひとりの女性に出会った。
彼女の住む世界には音があない。
彼女はまったく耳が聴こえないのだ。
だが、俊平は響子の不思議な存在感に惹かれていく。
その「世の中のすべてのものがこっそりと近づいてくる」ような静けさに触れると、安らぎとおののきが俊平を包んだ。
ふたりはやがて寄り添い、親しむようになった。

前回の「悪人」のときにも書いたけれど、吉田修一というと、女性描写に長けている。
どっちかっていうと感性の人で、ドロドロしたものはあんまりない。
どろくさい人間味みたいなものはあまり書かないという印象。
綺麗すぎて、ちょっとってところも正直あって、前回の「悪人」を読んだときに非常に驚き、同時にファンになってしまったのだけれど.....。

この静かな爆弾は、吉田修一らしいといえば、吉田修一らしい、登場人物は少ないなかで、出てくる人たちの心の動き、発する言葉が非常に巧み。

長編というより、中編に近いあまり長くない物語だけれど、しっかりと心を捉えてはなさない。
タイトルの静かな爆弾というのも、読んでみれば、なるほどとも思う。

最後の終わり方は人によったら、えっ?これで終わり?って思うかもしれない。
それほど、引きずらない。あっさり。

でも、言葉のもろさをきっちり言葉である小説としてうまく語っています。
この人は、やはり文章がうまい。

BOOK 区切り 13:48 区切り comments(1) 区切り trackbacks(4) 区切り

『F1GP 第2戦 マレーシアGP』

F1グランプリ2008 第2戦 マレーシアGP 決勝結果

順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 1 K.ライッコネン フェラーリ 1:31'18.555 56 203.971 1
2 4 R.クビサ BMWザウバー 1:31'38.125 56 203.245 1
3 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:31'57.005 56 202.549 2
4 11 J.トゥルーリ トヨタ 1:32'04.387 56 202.279 4
5 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:32'05.103 56 202.253 2
6 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:32'08.388 56 202.132 5
7 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:32'26.685 56 201.466 4
8 5 F.アロンソ ルノー 1:32'28.596 56 201.396 4
9 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1:32'34.775 56 201.172 4
10 16 J.バトン Honda 1:32'44.769 56 200.811 6
11 6 N.ピケJr. ルノー 1:32'50.757 56 200.595 6
12 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1:31'49.648 55 199.198 12
13 17 R.バリチェッロ Honda 1:31'52.069 55 199.111 12
14 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:32'01.227 55 198.780 14
15 19 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1:32'49.328 55 197.063 15
16 18 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:31'26.134 54 196.415 16
17 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:31'37.131 54 196.022 13

開幕戦散々だったフェラーリだったが、今回はポテンシャルも高く、結果ライコネンが優勝。マクラーレンは不運?にもグリッド降格があった。それでもコバライネンが3位、ハミルトンが5位と相変わらずポテンシャルの高さをうかがわせた。
今期、1,2戦で以外?に高いポテンシャルがBMWザウバー。F・Mにくらいついてる。トヨタもそこそこいい感じで、今年はF・M独壇場でなくて、今のところ面白そう。

F1 区切り 12:07 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

『F1GP2008開幕戦 オーストラリアGP』

F1グランプリ2008 開幕戦 オーストラリアGP決勝結果
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:34'50.616 58 194.577 1
2 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:34'56.094 58 194.390 2
3 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:34'58.779 58 194.298 2
4 5 F.アロンソ ルノー 1:35'07.797 58 193.991 -
5 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:35'08.630 58 193.963 1
6 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:35'04.685 57 190.751 -
7 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:30'37.541 55 193.100 -
8 1 K.ライコネン フェラーリ 1:27'55.340 53 191.800 3

猛暑の過酷な条件の中、開幕したオーストラリアGP。
昨年のチャンプ、ライコネンが16番グリッド。
僚友マッサが4番グリッドという、フェラーリにしては不本意な開幕戦スタートとなったオーストラリアGP。
PPを取ったのは、マクラーレンの若き獅子ハミルトン。
2番手はなんとBMWザウバーのクビサ。

レースは1週目から荒れ模様。セーフティカーが3度も入り、結局完走車が8台というサバイバルレースとなった。
終始、落ち着いて安定した走りを見せたのはハミルトン。
僚友のコバライネンも同じくいい調子で走っていたが、3度目のセーフティカー入りが致命的となり、結局5位。
あれがなければ、マクラーレンのワンツーの可能性もあった。
2位はザウバーのハイドフェルド。3位にウイリアムズのロズベルグが入った。
チャンプのライコネンは、マシンに泣かされた?かあるいはコンディションが悪かったのかひどいレースをした。
個人的に好きなドライバーなだけに非常に残念。
結果8位。
注目の中嶋ジュニア、一貴は、粘りの走行をみせ、デビュー戦7位と父中嶋悟と同じデビュー7位という快挙を成し遂げた。
父と同様、粘り粘ってサバイバルレースを完走したのがよかった。

今年はレギュレーションも変わり、現在のところマシンに大きな差が去年ほどみられないので、序盤は面白そう。
次週マレーシアGPはどうなるか、楽しみ!

F1 区切り 19:12 区切り comments(0) 区切り trackbacks(5) 区切り

『バンテージ・ポイント』

『バンテージ・ポイント』Vantage point 2008


story
スペイン・サマランカでの演説中にアシュトン米大統領が何者かに狙撃され、さらに演壇が爆破されるテロが起こった。
シークレットサービスのバーンズはTV中継車に乗り込み、撮影された映像をチェック。
そこに怪しい何かを見つけた。
同時刻、サマランカ市警のエンリケは事件の容疑者として拘束されそうになり、サマランカ市街へと逃亡を謀る。
アメリカ人旅行者のハワードは、ビデオカメラを片手にそんなエンリケを追いかけるが。

staff
監督:ピート・トラヴィス
脚本:バリー・L・レヴィ
製作:ニール・H・モリッツ
音楽:アトリ・オルヴァルソン

cast
バーンズ:デニス・クエイド
テイラー:マシュー・フォックス
ルイス:フォレスト・ウィテカー
ブルックス:シガーニー・ウィーバー

大統領狙撃、シークレットサービス、複数の視点からひとつの出来事を描く話。それだけでも、非常に興味をそそられるよね。
キャッチコピーは、目を凝らせ!大統領を狙撃した1発。容疑者は8人。真実は1つ。
誰も信じるな。何も見逃すな。

いやあ、90分。ノンストップではらはらどきどき。食い入るように観ました。
面白かったですよ。

ほんとまず無駄のない映像。片時も見逃せない息もつかせぬノンストップサスペンスアクション。
しかも1つの米国大統領狙撃事件を異なる8つの視点から描く。なかなかユニークで新鮮でした。
VANTAGE POINTとは文字通り「視点」のこと。人はそれぞれ自分の見方でモノを観、モノを考える。
有名なのは「羅生門」ですよね。「戦火の勇気」もそう。
大統領狙撃にいたるまでの映像を、捜査官や観光客、犯人など8人の視点で8回繰り返される。
そのつど時間が巻き戻され、少しずつ新たな事実が明らかにされてゆき、真相に近づいていきます。

私は、最初にあっ、こいつ怪しいと思ったのがやはり犯人でした。(笑)
まあそれはさておき、街中でのカーチェイスは迫力満点だし、登場人物の演技もそれぞれほんと迫力があります。
主演のデニス・クエイドは恐らく代表作のひとつになるのでは。
それから、米国人旅行者役のフォレスト・ウィテカーがなかなかいい役やってます。
結末にひとつ温かみのあるエピソードにからみます。

この脚本、ほんとよく出来てます。
最近では「クラッシュ」のときもうなったけれど、この映画もすごい脚本です。
とにかくそれぞれの視点での映像、一番次がわかればってとこで、別の視点に移るという、緊張感とハラハラドキドキ感が継続して最後までいっちゃうんですよね。

ひとつの事柄が、見る角度により別のものに見えてくる。ある事実を知った後には、同じ出来事がより大きな意味を持っていたことに気づくという。
まったく無関係と思われた登場人物たちが、それぞれ存在理由を持って配置されていて、すべてが明らかになる最後の瞬間、大きな驚きと充足感がきます。

★★★★★★★★☆

CINEMA 区切り 19:53 区切り comments(0) 区切り trackbacks(6) 区切り

『流星の絆』

『流星の絆』東野圭吾

story
両親を殺され、施設に入れられた3人の兄弟は詐欺師になっていた。
あるとき、詐欺を仕掛けている過程で犯人の手掛かりを得る。
両親殺害の事件の時効が残り1年と迫っている時に両親の仇を討つ機会が巡って来ようとしていた。
兄弟による犯人を暴くための仕掛けが動き始める。
しかし、大きな誤算が生じる。
妹が容疑者の息子に恋をしてしまったのだ。
両親の仇を討とうという気持ちと妹の気持ちを思いやる兄達。そして、真相に辿り着くことになる。

相変わらず、東野圭吾作品は、読みやすく一気に読んでしまえます。
ほんと読みやすさでは5本の指に入るんじゃないでしょうか。

彼の作品、その時代時代で作風が変わってきているけど、どの時代でも読みやすさ、エンターテイメント性、それに身近な感覚ってのは同じ。庶民的なんだよね。

登場人物の魅力も相変わらずだし、最後にホロっとさせる暖かさもやっぱり健在。
次は次はと読みたくなる。

ただ、ほんとある意味かなり高いレベルまでたどり着いてしまっているので、読者が求めるレベルがかなり高くなっているのも事実。
そういう意味では、この作品も最後のほうで、ちょっと丁寧さがなく意外性を追求するあまり、伏線が甘いような気がしました。

ただ、やっぱり女性の気持ちの揺らぎなどの描写はうまいなあ。
妹、静奈の心の動きがよかった。

東野さんには、また実験的な冒険的な小説を期待したいなあ。

BOOK 区切り 12:12 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

『新世界より』

『新世界より 上・下』貴志祐介

story
1,000年後の日本。
神栖66町をはじめとした9つの町にしか人の住まなくなった日本では、人は「呪力」を持ち、子供たちを徹底した管理の下に置いていた。
「和貴園」に通う、十二歳の渡辺早季、青沼瞬、秋月真理亜、朝比奈覚、伊東守の五人は、夏季キャンプで、出てはならない八丁標の外の世界で人生を変える出来事に遭遇する・・・。

貴志祐介さんといえば、ISOLA、黒い家、天使の囀りなど、人間の欲望や狂気を呼び起こす恐怖を描いたホラー作品が有名で、モダンホラーの代表格とみられていますが、その一方で、サバイバルサスペンスの「クリムゾンの迷宮」、青春ミステリー「青の炎」、本格ミステリー「硝子のハンマー」など作風を次々と広げてきている注目の作家でもあります。

とにかく読者をハラハラドキドキさせるツボを心得ている作家で、読んでいてとにかく飽きない。
人間が極限に置かれた時に、どのような心理状態、どのような行動をとるのか・・・。
そういう描写が非常に得意な作家です。

その貴志祐介さんの最新作「新世界より」は、3年半ぶりの長編書き下ろし。
しかもSF。
上下で1000ページを超える超大作になっています。

悪鬼、業魔、バケネズミ、不浄猫、風船犬、ミノシロモドキなどなど、イマジネーションの世界にぐいぐいと引き込ませてくれます。
悪鬼とは何か? 業魔とは何か? 結末は?
人間とはこの世でどんな生き物なのか?と真剣に考えてしまうような深い作品でもあります。
これは、ほんと映画化してもらいたいが、一方で日本映画でチャチな安っぽい映画なら絶対映画化してほしくない。
それほど、グレードの高いSF作品です。

SFが苦手な人でもファンタジーっぽく読んでいけると思います。(決してファンタジーではないですが)

さすが貴志祐介。
はやくも次の作品が待ち遠しいです。

BOOK 区切り 10:45 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

『君のためなら千回でも』

『君のためなら千回でも』THE KITE RUNNER 2007


Story
1970年代のアフガニスタン。
裕福な家の一人息子アミールは、召使いの息子ハッサンと凧遊びをしたり、兄弟のように仲よく暮らしていた。
だがある日、小さな二人の絆は思いがけない出来事によって砕け散ってしまう。
やがてソ連がアフガニスタンに侵攻。
2人の関係は修復されることなく、アミールと父親は米国に亡命する。
時は流れ、00年のサンフランシスコ。
小説家となったアミールの元に、父親の親友から「君は今すぐ故郷に帰って来るべきだ」と電話が入る…。

Staff
監督:マーク・フォースター
脚本:デヴィッド・ベニオフ
原作:カーレド・ホッセイニ
製作:ウイリアム・ホーバーグ他
音楽:アルベルト・イグレシアス

Cast
アミール(青年時代):ハリド・アブダラ
アミール(少年時代):ゼキリア・エブラヒミ
ババ:ホマユーン・エルシャディ
ハッサン(少年時代):アフマド・ハーン・マフムードザダ
ラヒム・ハーン:ショーン・トープ
ソーラブ:アリ・ダネシュ・バクティアリ

原題がThe Kite Runner。凧追いかな。で、邦題が君のためなら千回でも。映画を観る前なら、邦題が断然だと思うけど。映画を観た後なら、The Kite Runnerもなるほどと思う。いや、むしろ原題のほうがある意味深いかも。
でも邦題もそれはそれでいいと思うなあ。この邦題は映画の中で、主人公アミールと仲良しだったハッサンがともに1度ずつ発した言葉からきてるんだけど、果たしてこんなセリフ、俺だったら言えるかなあって。親友と呼べるヤツは少ないながらもいるけど、まあそこまで言えるか自信ないなあ・・・。
この映画、時代と運命に翻弄された二人の少年の友情を軸に、愛、信頼、絆、過ち、後悔といった人間の本質を描いたもので、静かな感動を与えてくれます。
少年二人は素人、そして片方のハッサンの子供役にも素人を起用。それぞれなかなかうまく演じていると思いました。
70年代のアフガニスタンの時代背景。身分の差。凧の勝負、男の意地とプライド。少年時代の無邪気さと残酷さ。
少年時代の友人への思いと後悔。兄弟同然に育った2人がなぜ離れ離れになり、激動の波に飲まれていったか。
大人の事情を理解し始めた年頃の、硬いけれど傷つきやすい繊細な心を丁寧に描いています。
アミールとハッサンの関係はいろいろな背景の中で、取り返しのつかない事態に発展してしまう。
なんかなんとなくわかるなあ。きっと主人公アミールの育った環境、母が自分を産んですぐ亡くなった。厳しい親父。そういうコンプレックスと富俗階級で育った彼が、召使の子ハッサンに対して、つい思ってしまうエゴ。
後々判明するアミールとハッサンの関係・・・。
ハッサンの息子役の子がまたいい味だしています。
凧がまたアクセントになっていろいろと想像してしまいます。
こういう映画もいいね。
★★★★★★★☆

CINEMA 区切り 22:18 区切り comments(0) 区切り trackbacks(3) 区切り

『エリザベス ゴールデン・エイジ』

『エリザベス ゴールデン・エイジ』ELIZABETH:THE GOLDEN AGE 2007


Story
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。
父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。
その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。
さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。

Staff
監督:シェカール・カプール
脚本:ウイリアム・ニコルソン&マイケル・ハースト
製作:ティム・ビーヴァン他
音楽:クレイグ・アームストロング&ARラフマーン

Cast
エリザベス1世:ケイト・ブランシェット
ウォルシンガム:ジェフリー・ラッシュ
ローリー:クライヴ・オーウェン
ベス:アビー・コーニッシュ
メアリー:サマンサ・モートン

ケイト・ブランシェット。大好きな女優さんです。
前作「エリザベス」が当たり役で、一気にスターダムにのしあがった彼女。
その後、リプリー、ギフト、ロードオブザリングシリーズ、バンディッツ、ヴェロニカ・ゲリン、アビエイターなど話題作に次々と出てw新境地に挑戦している主役も脇役もできる演技派だけど、凛とした役もできる女優さん。
だいたい、イングランド、スコットランド、アイルランド、この辺の歴史モノも好きなので、前作エリザベスはすごく面白かったし、本作も楽しみにしてました。
全体的に前作は、エリザベスよりも周りに焦点が当たってたように思いましたが、今回はまさにエリザベスの映画。つまりケイトの独壇場でした。
少し、スペインの無敵艦隊との決戦を盛り上げてほしかったなあって気持ちはありますが、まあでもエリザベスの内憂外患の立場がよく描かれていたと思います。
それにしても、エリザベスが恋心をいだくローリー役のクライヴ・オーエンがなぜかルー・大柴に見えてしまうのは私だけでしょうか・・・。
メアリー・スチュワート役でサマンサ・モートンが出てますが、よくをいえば、もうちょっとスポットをあててほしかったなあ。
ちょっともったいない気がしました。
スペイン王についてもあんまり描いてないし、そういう意味では良くも悪くも、エリザベス一色になっちゃったかな。
でも私は個人的にケイトファンなので許します。
★★★★★★★

CINEMA 区切り 20:57 区切り comments(0) 区切り trackbacks(4) 区切り

『モーツァルトとクジラ』

『モーツァルトとクジラ』Mozart and The Whale 2004


story
ドナルドはタクシー運転手として働いているが、本当は数学の天才だ。
仲間たちの良きリーダーでもあり信頼も厚いが、数字に執着するあまり失敗も多い。
そんな彼がとびきり魅力的なイザベラに出会い恋に落ちる。
彼女は美容師で、動物を可愛がり、絵や音楽の才能に秀でている。
ただし、その言動はかなりエキセントリックだ。
日々トラブルに見舞われがちな二人は共にアスペルガー症候群という障害を抱えていたのだった…。

staff
監督:ピーター・ネス
脚本:ロナルド・バス
製作:ジェームズ・アシェソン他
音楽:デボラ・ルーリー

cast
ドナルド:ジョシュ・ハートネット
イザベル:ラダ・ミッチェル
ウォーレス:ゲイリー・コール

ジョシュ・ハートネット。若手俳優の中ではお気に入りの一人です。「ブラック・ダリア」でも「ラッキー・ナンバー7」でもなかなかいい演技みせてました。彼は男前だし、日本人受けするマスクだし、キャラだと思う。それにいろんな役柄に挑戦していってるってのもいい。このモーツァルトとクジラは、最初はタイトルにひかれたんだけど。でもストーリーと主演がジョシュだったので、すぐにDVD買いました。

自閉症のひとつ、アスペルガー症候群。自閉症っていえば「レインマン」が有名だけど、実はこの映画の脚本家はレインマンの脚本家だそう。でもレインマンとは全然違うストーリーだし、描き方がまるで違う。
私も直接の友人ではないけど、友人の知り合いにアスペルガーの人がいます。何度か会ったこともあるし、話をしたこともあるけど、普段はほんと言われない限り全然わからない。
さて、この物語の主人公二人はともにアスペルガー症候群。
ある分野に強い関心を示す。
ドナルドは数字に、イザベルは音楽と絵画に強い関心と才能を持っている。
ドナルドは気持ちが落ち着かなくなると数字の計算を始めるし、イザベルは心が浮き立つと左手で絵を描き、右手で採譜する。
2人は突然取り乱したりするし、感情表現が上手くできない。
ドナルドは何か言おうとすればするほど言葉が出なくなってしまう。
ドナルドは「普通」でありたいと願っている。
でもイザベルは心の感ずるままにストレート。
「普通」じゃなくていいと思っている。
そもそも「普通」ってなんだろう。
世の中は偏見に満ちている。
そんな2人が恋をする。
自分は常識的?自分は普通?
この映画を観て、人と人ってやっぱり支えあいながら、生きていくものだと痛感します。
★★★★★★★

DVD 区切り 19:20 区切り comments(0) 区切り trackbacks(3) 区切り

<< + 2/18PAGES + >>